メイクアップ六本木



june 19.2017



2017年もすでに前半終了になりそうな、6月後半ですね〜!!早っ!!

今年からメイクさん復活して、モデル探しに苦労している私です(涙
そこで、今回初めて私のメイクを受けるモデルさんが登場です^^

20代の、キレイなお姉様ですよ〜
濃いメイクが得意なんですよねって、念を押されました(笑
得意では有りますが、薄いメイクも出来ます、これみなさん結構誤解の部分が有るので申しますが、濃いメイクも薄いメイクも出来ます(笑

そこで今回うかつにも、メイク前を撮り忘れたので次回撮ったら公開します(汗


 

今年のメイクモデルさんやっと、4人目となる方をご紹介です!! 20代のキレイなお姉さん・・・は好きですか?? 昔CMでありました、知ってる方はお年寄りですからね(笑 2011年途中でメイクから離れましたので、こうして復活して不安だったことはスキルの低下でした!! そこで以前メイクモデルをしてくれた子を、3人まで頼んで来てもらいました。 今回前までの3回とも不安と安定感の無いメイクだと思い・・・点数を付けると100点満点中、20〜30点でした、結構落ち込みましたし自身も無かったのですが〜今回初めてメイクモデルして頂ける方なので気合いを入れてのぞみました(笑 それに加え、化粧品が経年劣化で何十万円分もダメになって、化粧品にフレッシュ感が無いと思っていたので・・・新しくベースに入れるファンデを購入(メイクアップフォーエバー)パンスティックファンデ、MACのリップも4本など最低限揃え今回のメイクモデル制作。


化粧品のことを書きます、仕上げに使うファンデは以前と変わらずカマタ・学校のを使い続けております。 ベースの作り方が私場合複雑で、ファンデーションは2種類使います、複雑と言っても慣れているので手早く終わりますけど!! とにかく本当に有って欲しいと望むものナンバーワン(魔法のファンデーション)さっと塗ったら、どんな肌でもツルピカになるファンデ・・・あるわけないのですが(涙 皆さんもそんなファンデあったら欲しいですよね?? 話はメイクに戻りまして、ベースメイクの出来次第でメイクが成功か決まってしまうほどベースメイクは大事です。 そして、なによりもベースメイクが難しいです、永遠のテーマだと思います!? 今回は新しく仕入れたメイクアップフォーエバーのULTRA HDパンステックファンデ、これを使った結果写真まで撮りますから・・・画像をPCで現像していてふと・・・肌綺麗じゃないと感じました!! ですけど結果はまだです、出して這いません金曜日にメイクモデル作るのでその撮影画像も見比べて、新しいファンデの評価をしようと思っています。 その結果次第でリキッドファンデも、HDに変えるかも??


MAKE UP FOR EVERは伊勢丹にも入って、なじみのあるブランド認知されていると思うのですが、日本に入ってきたのはかなり前からです!! 第一号店に行きました記憶有ります、ときどき化粧品の話題になって、シンクロスイミング用に出来た化粧品とか言われた方が(何処かで聞いたのでしょう)おりましたが、フランスのメイクの学校がありそこの化粧品と記憶しています(プロ用化粧品)。 ここの化粧品はプロ好みの物が多いですよ、私としては大好物的にマニュアックな物を色々持っています(笑 海外ではプロだと化粧品割り引いてく足りするんですよ・・・MACはプロ用に値引き出来るはず!! MAKE UP FOR EVERも日本でネットでなら、バックステージ会員になれば値引きが有ります。 最低限名刺は必要になります、私はこのHPがあるので会員になっていましたが・・・注文してから、届くのが遅過ぎて買いに行った方が早いってことで止めましたけどね!! 日本の化粧品メーカーも、そのようなプロへの支援をして欲しいと思います、変なブロガーやらに新商品提供とかじゃなくてっね!!


今回のモデルさんは濃いメイクをご希望、濃いメイクが得意なんですよねと念を押されました(笑 それでもかなり前のギャルメイクよりは抑え気味に、今時にしました!! モデルさんの雰囲気ですが、キレイなお姉さんで怪しさも満載しておりまして(檀蜜)さん的な感じも^^; 今回強めなメイク希望でしたので、着れなお姉様傾向に有るかと思われます!! ツケマはモデルさん自身の物を、皆さん持ってきてもらうようにしています。 強めを意識されたようで、つけまもわりと強めですね。強いツケマに負けないよう、調和のとれるようアイメイクも作りました。 囲いは黒のアイラインを使い、シャドウは濃いめのブラウンで入れてあります。瞼全体にはmakeup for everのアクアシールを使い、アナスイのホワイトのグリッターを付けてあります。 見た目ではかなり派手目に、光りますが写真ではわかりづらいかと思います?? 次回使うことが有れば、この辺りがはっきりとわかるよう撮ります!! デルさんは


撮影途中からは下瞼の際に、アナスイの色んな色の混ざったグリッターを付け雰囲気をかえて!!グロスもピンクから赤へと変えて、メイク若干変えてあります。 いままでグリッターやラメを付けるのに、クリームや透明グロスを薄く塗って貼付けると言う工夫をして作ってきました・・・このパターンは、私の初期にやったパターンなので2000年以前!!20年くらい前になるので、これからしばらくキラキラなのを昔に戻り作ろうかと思います。 今回はラメとかを貼付けるのに使ったのは、makeup fou ever のアクアシール。これはグリッターなどを貼付けるだけではなく、全てのものをウオータープルーフにしてしまうのです!! 防水仕様にです^^; 


アクアシールをブラシに取り、メイクの上から押さえるとか、ブラシに付けてからラメなどを付けて肌にのせるとか、簡単に使えますよ。 興味が有る方はショップに走って(笑 アイメイクで強いツケマを使っていて、髪色が黒これらを踏まえた上で強くなる過ぎるのを押さえるためにあえて・・・眉をブラウンにして、眉山を作らず丸い眉にすることでお顔全体が強くなる過ぎることを防いであります!! 基本的には眉色は、髪の色に揃えるのですがあえてこのような方法も使います。 使っている色が、濃いブラウンであること、明るいブラウンではダメですからね(笑 アイメイクなのでついでに書きますと、カラコンの存在もかなり有ります!! カラコンの色によっても、使う色や方法なども変わりますから注意ですね。 茶髪の場合でしたら、結構無茶出来る範囲が広いと私的には思いますが。 黒髪って、清楚なイメージが有るから、無茶できないと思います。


黒髪
黒髪の場合私の所のバック紙が黒なので、髪が沈み込んでしまうんです(汗 今現在トップライト無しなので、いずれトップライトを購入親愛となりませんね・・・もしくは、思い切ってバック紙をホワイトにしてしまいましょうか?? 白の背景の変えると今までと同じにメイク作っていても、撮影画像はエレガントになるかも知れませんね?? バック紙替える方が安上がりかも(笑 長年バックは黒でやってきたので、白も使ってみるのもいいですよね〜そのうち白バックのメイク作品が見れるかも知れませんよ〜?? 今回のモデルさんの眉と上瞼の位置関係:この二つが離れておらず、割と近いのでアイホールのくぼませ方も目立たなくしてあります、いつもよりもノーズシャドーなども押さえてあるのわかりますか??


ベースメイクに戻りますけど、下瞼のクマ消しようにケサランパサランの茶色と黄色ののを使っていますが、ネットで調べたら廃盤!! 化粧品の一番困るのは(廃盤)重要な所に使っている化粧品の廃盤は、死活問題なのです、何回廃盤で泣かされてきたことか(涙 今回はクマ消しと、最後に書きますがリップのベースに使うペンシルこの二つが無くなり困っています!! クマ消しは、ルナソルで同じようにオレンジと黄色のが出ていることをインスタグラムを見ていて、発見しましたので今度売り場言って確認してこようと思います。 アイメイクですが・・・下側のツケマをどうしようと言うことで、瞳の中心部分でカットして外側に向かって付けるようにして、ツケマが浮かないように内側に向かってアイラインを点状に入れて、マスカラと合わせて自然な繋がりを持たせました。

 

リップメイク:先日購入したMACのメルヘンチックなピンクを使い、強いアイメイクとの調和を!! 口元を柔らかくしたと言うことです^^ 私基本として、真っ先にペンシルで塗りつぶすことをします・・・この塗りつぶす淡いホワイトピンク(パステル系)この色のペンシルを探して伊勢丹のか商品全て回り何処にも無い!! 皆異口同音に、珍しい色ですね・・・シュウのなんですが、シュウではかなり前のですね、今はもう無いです・・・他の所も、新宿中探したものの何処にも同じ色が有りませんでした(涙 まだ少し残っているので、その間に替わりになる物を見つけないとなりません(汗 リップで問題になるのは、ペンシルやコンシーラなどで唇の色を一旦消してからリップをのせるとそのままの発色を得られる。 しかし、さらにグロスと言う水分のある物を重ねていくと、時間とともに崩れる!! 今後はこれを解消出来る物を、みつけて改善しようと思います。
今回初登場のモデルさん、一日ご苦労様、ありがとうございました。